Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話の紛失事故2件を公表 - 住友林業

住友林業は、11月から12月にかけて発生した携帯電話の紛失事故を公表した。

同社によれば、11月16日および12月3日の夜に従業員が飲食した際、紛失したという。それぞれ90人分、70人分の顧客に関する個人情報が含まれており、判明後に警察へ被害を届けた。

同社では、11月16日に発生した事故について12月1日に公表していたが、12月3日に別の紛失が発生し、あわせて7日に公表した。同社では、いずれの事故についても関係者に対して事情の説明を行い、謝罪している。

(Security NEXT - 2010/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
PCR検査申込書の送信先記載にミス、ファックス誤送信が発生 - 群馬県
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
問い合わせメールを転送ミス、個人情報流出 - 神戸市
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院
県立大で学生の個人情報をメールで誤送信 - 香川県
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
病院職員が電子カルテを不正閲覧 - 連絡先を取得