Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月に発生した顧客情報の紛失事故2件を公表 - ケーブルTV会社

イッツ・コミュニケーションズは、11月上旬に発生した顧客情報の紛失事故2件について公表した。

同社によれば、11月4日に営業予定地域の顧客情報113件が記載されたリストを紛失。氏名および住所のほか、12人については電話番号も含まれる。また同月7日には、19人の氏名、住所、電話番号が記載された訪問日時確認表の紛失が発生した。

いずれも周辺の捜索および警察への届出を行っているが、不正利用などは確認されていない。同社では対象となる顧客に対し、個別に連絡するなど対応を行っている。

(Security NEXT - 2010/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

健康産業支援施設サイトで個人情報が閲覧可能に - 山口県
就職イベントの案内メールに学生リストを誤添付 - 富山県
遺失物の関係帳票が所在不明、誤廃棄か - JR東海
工事委託先で顧客リストが所在不明に - 中部電力パワーグリッド
機関紙の宛先に別の会員名、リスト作成ミスで - にいがた産業創造機構
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
医療関係者のメールアドレスリストを案内メールに誤添付 - 科研製薬
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定