Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

持出禁止のリハビリ記録が盗難被害 - 熊本市の病院

熊本託麻台病院において、患者21人分のリハビリテーション記録を記載した書類が盗難被害に遭っていたことがわかった。

氏名や病名、リハビリ内容など記載した患者のリハビリテーション記録書類が盗まれたもので、職員が業務のため持ち出し、車内から鞄ごと持ち去られたという。

個人情報について院外への持ち出しが禁止されていた。同院では、対象となる患者やその家族に対し説明と謝罪を行っているが、紛失した情報の不正利用などは確認されていない。

(Security NEXT - 2010/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
メールアカウント3件に不正アクセス、個人情報が流出 - 近大関連会社
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収 - 伊勢崎市民病院
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 約1カ月後に回収
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 横浜市立みなと赤十字病院
患者情報含むUSBメモリが院内で所在不明に - 茨城東病院
患者情報含むUSBメモリが手術室で所在不明に - 大館市立総合病院
患者情報入りUSBメモリを一時紛失 - レンタカー内部で発見
医療相談情報含むUSBメモリを院内で紛失 - 射水市民病院