Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

持出禁止のリハビリ記録が盗難被害 - 熊本市の病院

熊本託麻台病院において、患者21人分のリハビリテーション記録を記載した書類が盗難被害に遭っていたことがわかった。

氏名や病名、リハビリ内容など記載した患者のリハビリテーション記録書類が盗まれたもので、職員が業務のため持ち出し、車内から鞄ごと持ち去られたという。

個人情報について院外への持ち出しが禁止されていた。同院では、対象となる患者やその家族に対し説明と謝罪を行っているが、紛失した情報の不正利用などは確認されていない。

(Security NEXT - 2010/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
患者情報含む書類が鞄ごと所在不明に、盗難か - 総合南東北病院
民生委員が書類紛失、自転車のカゴからなくなる - 三重県
サイト公開動画に新型コロナ患者情報 - 神戸市立病院
患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大