Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報漏洩対策シリーズに新製品を追加 - ALSI

アルプスシステムインテグレーションは、デバイス制御ソフト「InterSafe DeviceControl」とウェブ型申請承認システム「InterSafe WorkFlow」の2製品を12月より発売する。

「InterSafe DeviceControl」は、USBメモリなど外部デバイスの利用やネットワーク接続、印刷などを制御できるセキュリティソリューション。持ち出し時のログを取得したり、ポリシーをリアルタイム制御できる。

「InterSafe WorkFlow」は、ファイル単位での持ち出し申請や承認が可能で、持ち出しファイルのアーカイブや利用期間の設定に対応。デバイスの利用申請や承認は、管理者を介さず自動で運用できる。

またUSBメモリの暗号化が行えるセキュリティ対策製品に新ラインナップ「InterSafe SecureDevice Ultimate」を追加する。同製品では他社セキュリティ製品との連携を実現している。

(Security NEXT - 2010/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も