Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、大学向け包括ライセンスを提供 - 教員や学生の個人PCにも適用

ソフォスは、契約期間中に利用者が増減した場合なども影響を受けずに利用できる大学向け包括ライセンスを提供する。

今回発表した「キャンパスライセンス」では、同社セキュリティ対策製品を、大学に対してサイトライセンスとして提供するもので、教員や学生の個人PCについても対象としている。

「Endpoint Security and Controlキャンパスライセンス」では、「Windows」「Mac」「Linux」「UNIX」などOSや利用台数に関係なくエンドポイント向けのマルウェア対策を実現。さらにアプリケーションやデバイスコントロールにも対応しているほか、「Active Directory」と連携し、グループごとにポリシーを設定することができる。

また「Endpoint + Email Security and Controlキャンパスライセンス」では、マルウェア対策にくわえ、スパムやウイルスメール対策を実現するメールゲートウェイセキュリティ製品を提供する。

(Security NEXT - 2010/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も
LINEのデータガバナンス検証で外部有識者委員会 - ZHD
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大