Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、大学向け包括ライセンスを提供 - 教員や学生の個人PCにも適用

ソフォスは、契約期間中に利用者が増減した場合なども影響を受けずに利用できる大学向け包括ライセンスを提供する。

今回発表した「キャンパスライセンス」では、同社セキュリティ対策製品を、大学に対してサイトライセンスとして提供するもので、教員や学生の個人PCについても対象としている。

「Endpoint Security and Controlキャンパスライセンス」では、「Windows」「Mac」「Linux」「UNIX」などOSや利用台数に関係なくエンドポイント向けのマルウェア対策を実現。さらにアプリケーションやデバイスコントロールにも対応しているほか、「Active Directory」と連携し、グループごとにポリシーを設定することができる。

また「Endpoint + Email Security and Controlキャンパスライセンス」では、マルウェア対策にくわえ、スパムやウイルスメール対策を実現するメールゲートウェイセキュリティ製品を提供する。

(Security NEXT - 2010/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全卒論が外部から閲覧可能に、設定ミスで - 新潟国際情報大
メルアカ2件がスパム踏み台被害、外部流出PWを悪用か - 愛媛大
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出 - 阪大
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
福島県立医大付属病院で2度のランサムウェア被害
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞