Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NHK、取材先へのメール送信でアドレス流出 - BCC利用するも一部本文に

NHKは、番組取材先へメールを送信した際に、メールアドレスが流出する事故が発生したと発表した。

10月1日に衛星放送の番組で取材先へメール送信を送信した際に発生したもの。同社によれば、BCCを利用して153人にメール送信を行ったところ、44人分のメールアドレスがメールの本文に記載され、関係ない別の受信者から確認できる状態になったいう。

同局では、事故の原因をメールソフトの不具合と説明しており、対策を進めている。またメールの受信者に対して事情を説明し、謝罪するとともに、メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2010/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報入力するフォームで設定ミス、謝罪時に誤送信も - 岐薬大
メール誤送信で大学生のメアド流出 - 東京都教職員研修センター
メール誤送信で関係者メアド約1300件が流出 - 高エネルギー加速器研究機構
豊田市のBCC強制システムが停止、メアド流出 - 委託先がライセンス更新を失念
説明会案内メールを誤送信、参加者のメアド流出 - 国交省
メアドを入力ミス、第三者にメールを誤送信 - 新潟県
メール本文に送信先メアドを誤って貼り付け送信 - 静岡県
競技団体宛メールを第三者に誤送信、入力ミスで - 東京都
配信機能の導入時に作業ミス、一斉メールでメアド流出 - 南海電鉄関連会社
図書館利用団体のメアド流出で謝罪 - 千葉市