Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NHK、取材先へのメール送信でアドレス流出 - BCC利用するも一部本文に

NHKは、番組取材先へメールを送信した際に、メールアドレスが流出する事故が発生したと発表した。

10月1日に衛星放送の番組で取材先へメール送信を送信した際に発生したもの。同社によれば、BCCを利用して153人にメール送信を行ったところ、44人分のメールアドレスがメールの本文に記載され、関係ない別の受信者から確認できる状態になったいう。

同局では、事故の原因をメールソフトの不具合と説明しており、対策を進めている。またメールの受信者に対して事情を説明し、謝罪するとともに、メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2010/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
自転車観光事業でメール誤送信、職員が機能を勘違い - 佐賀県
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
ウェビナー案内でメール送信ミス - ヘルスケアシステム開発会社
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス