Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」に脆弱性 - Android版やAdobe Readerにも影響

米Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性「CVE-2010-2884」が見つかったとしてアドバイザリを公表した。

同脆弱性は「同10.1.82.76」および以前のバージョンに脆弱性が含まれる。脆弱性を攻撃された場合、アプリケーションがクラッシュし、システムが乗っ取られる可能性がある。「Windows」「Macintosh」「Linux」「Solaris」など各プラットフォームが影響を受けるほか、また「同10.1.92.10 for Android」についても脆弱性が含まれているという。

また同脆弱性は「Adobe Reader 9.3.4」「Adobe Acrobat 9.3.4」に影響を及ぼすことが判明。Windows版の「Adobe Flash Player」に対するエクスプロイトが確認されているが、「Adobe Reader」や「Acrobat」に対する攻撃は把握していないとしている。

同社では、9月27日の週にアップデートを公開する予定で、「Adobe Reader」や「Acrobat」については、10月12日の週に提供する定例アップデートのスケジュールを前倒しし、10月4日の週に公開するアップデートで、他脆弱性とあわせて解消する計画だという。

(Security NEXT - 2010/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開