Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe Readerのアップデートは10月初旬に - 定例公開を1週前倒し

米Adobe Systemsは、Adobe ReaderやAdobe Acrobatに未解決の脆弱性が見つかり、アドバイザリを公開していた問題でアップデートの公開時期を明らかにした。

「同9.3.4」や以前のバージョンに深刻な脆弱性「CVE-2010-2883」などが明らかとなっており、すでに脆弱性を攻撃するエクスプロイトが確認されている。攻撃を受けた場合、PCが乗っ取られる可能性がある。

同社では、アップデートの準備にあたって最終段階に入っており、10月12日に公開を予定していた四半期ごとに定例セキュリティ更新プログラムについて前倒しし、同脆弱性を解消するアップデートについて10月4日の週に公開する計画。

また同社では、脆弱性の緩和策として、マイクロソフトが提供する「Enhanced Mitigation Evaluation Toolkit(EMET)」を紹介している。

(Security NEXT - 2010/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも