Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Reader」定例外アップデート、19日に公開予定

米Adobe Systemsは、「Adobe Reader」や「同Acrobat」に深刻な脆弱性が見つかった問題で、定例外のアップデートを8月19日より提供すると発表した。

同社では、当初より定例のアップデートを10月12日に予定しているが、「同9.3.3」や「同8.2.3」に「TrueTypeフォント」の処理に関する深刻な脆弱性「CVE-2010-2862」が判明したことから、急遽アップデートを提供するもの。

同社では、セキュリティアドバイザリを公表し、8月16日の週に提供するとの見通しを示していたが、19日にスケジュールが決定したもので、各プラットフォーム向けに提供される予定。

(Security NEXT - 2010/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース
「Firefox 128」をリリース - 複数の脆弱性を修正