Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

雇用促進住宅の家賃領収書が所在不明に

総合ビルメンテナンス業を展開するアネシスは、雇用・能力開発機構から管理を受託している雇用促進住宅の入居者14人の個人情報含む領収書を紛失したと発表した。

紛失したのは、雇用促進住宅の家賃領収書1冊で、入居者14人の氏名、住宅名、部屋番号、領収金額などが記載されていた。6月28日、同社の管理人が巡回に向かう際、管理人事務所の出入り口に置き忘れ、そのまま行方がわからなくなったという。

周辺の捜索や警察への届出を行ったが見つからず、7月28日になって雇用・能力開発機構に報告した。今回の紛失を受け、対象となる入居者への説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2010/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
ポプラ、料金収納払込票を紛失 - 拾得者「公園のゴミ箱に捨てた」
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
肺がん検診受診者の検針票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会