Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

運用サーバに不正アクセス、漏洩や改ざんは発生せず - 丸紅インフォテック

丸紅インフォテックは、同社が運用するサーバが、海外より不正アクセスを受けたことを明らかにした。ファイルを設置されたが、情報漏洩や改ざんなどは確認されていない。

同社によれば、運用するサーバ1台に対し、7月27日にインドネシアのIPを発信源とする不正アクセスが発生したもの。「Gumblar」による攻撃ではなかったが、サーバ上にファイル1件が設置された。

同社ではサーバをネットワークから切断してサービスを停止。調査を実施した結果、データの改ざんや消去などは確認されておらず、外部への情報漏洩もなかったという。問題のサーバは現在も隔離されており、同社では権限の見直しや脆弱性テストを実施した上であらたなサーバで再開するとしている。

(Security NEXT - 2010/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
デザイン建材通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
WordPressプラグインの同時多発改ざん、PWリスト攻撃に起因
北海道産地直送センターに不正アクセス - クレカ不正利用の可能性
セミナー事務局のメルアカからスパム送信、原因を調査 - 広島県
医療ユニフォームメーカーの通販サイトに不正アクセス - 個人情報が流出
輸入楽譜専門店の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
教員がフィッシング被害、侵害アカウントからさらなる攻撃 - 明治薬科大