Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

書籍著作者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 岐阜県立図書館

岐阜県図書館において、書籍著作者の個人情報12件が保存されたUSBメモリの紛失が発生した。

所在が不明になっているのは、書籍などの寄贈を依頼するための個人情報が保存された公用のUSBメモリ。新聞やハローページなど出版物や図書貸出証のデータなどから調査、入手した書籍の著作者12人の氏名、住所、電話番号などが含まれるという。

7月29日に紛失が判明したもので、警察に届け出るとともに、関係者への説明と謝罪を行うなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2010/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 約1カ月後に回収
保育園の園児情報含むUSBメモリが盗難に - 福井市
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 横浜市立みなと赤十字病院
個人情報含むUSBメモリを紛失、拾得され発覚 - 近畿大工業高専
患者情報含むUSBメモリが院内で所在不明に - 茨城東病院
患者情報含むUSBメモリが手術室で所在不明に - 大館市立総合病院
患者情報入りUSBメモリを一時紛失 - レンタカー内部で発見
医療相談情報含むUSBメモリを院内で紛失 - 射水市民病院
委託先が患者情報を紛失、防犯カメラに誤廃棄時の映像 - 頴田病院