Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、政府機関へ最新ブラウザへの移行を指示 - コスト理由に「IE 6」利用の政府機関も

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、各省庁へ最新版ブラウザ「Internet Explorer 8」に移行するよう指示したことを明らかにした。

旧バージョンのIEに対する脆弱性を攻撃する動きがある一方、同センターによれば、互換性を確認するコストが発生することを理由に一部府省庁で「IE 6」を利用している実状があるという。

こうした状況を受け、同センターでは5月12日付で、最新版となる「IE 8」への移行や、新規システムの開発時に最新ブラウザに対応するよう指示。また複数ブラウザの利用についても検討を求めている。

(Security NEXT - 2010/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府の「インターネットの安全・安心ハンドブック」がバージョンアップ
官民連携のサイバーセキュリティ協議会、構成員を募集
NISC、企業のセキュリティ対策を法律面から解説した資料
新型コロナ影響で特別イベントの開催を中止 - NISC
サイバーセキュリティ月間の関連行事を募集 - 政府
気象庁報道発表のなりすましメールに注意 - 「地震警告アプリ」装い不正アプリに誘導
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
政府がセキュ月間で「約ネバ」とタイアップ - 「抗え。この世界(インターネット)の脅威に。」
「インターネットの安全・安心ハンドブック」に新版 - PDFや電子書籍、アプリで配布
政府、「サイバーセキュリティ意識・行動強化プログラム」で意見募集 - 1月4日まで