Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、政府機関へ最新ブラウザへの移行を指示 - コスト理由に「IE 6」利用の政府機関も

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、各省庁へ最新版ブラウザ「Internet Explorer 8」に移行するよう指示したことを明らかにした。

旧バージョンのIEに対する脆弱性を攻撃する動きがある一方、同センターによれば、互換性を確認するコストが発生することを理由に一部府省庁で「IE 6」を利用している実状があるという。

こうした状況を受け、同センターでは5月12日付で、最新版となる「IE 8」への移行や、新規システムの開発時に最新ブラウザに対応するよう指示。また複数ブラウザの利用についても検討を求めている。

(Security NEXT - 2010/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
NISC、「SolarWinds Orion Platform」の脆弱性で注意喚起
運用監視サービスに不正アクセス、顧客情報流出は確認されず - 日立システムズ
政府、サイバーセキュリティ協議会の第4期構成員を募集
政府、「サイバーセキュリティ月間」の関連行事を募集
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
政府の「インターネットの安全・安心ハンドブック」がバージョンアップ
官民連携のサイバーセキュリティ協議会、構成員を募集
NISC、企業のセキュリティ対策を法律面から解説した資料
新型コロナ影響で特別イベントの開催を中止 - NISC