Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃に対応する「セキュリティ可視化ソリューション」 - NEC

NECは、標的型攻撃の脅威を可視化することで、被害の防止や対策を支援する「セキュリティ可視化ソリューション」を8月より出荷する。

同ソリューションは、企業内ネットワーク内のデータの流れを「監視」「管理」「記録」することで標的型攻撃の脅威を可視化し、被害の防止や被害が発生した際の原因分析などを支援するもの。3製品から構成されており、これらを組み合わせて利用する。

フォティーンフォティ技術研究所が開発した「Yarai+」によりプログラムの挙動を監視して不審な挙動をするプログラムをウイルスとして検出。企業内に設置されたセキュリティ情報管理システムとの連携機能により、検出したウイルス情報も他機器のログなどとともに管理できる。

このほか、機密レベルの低いネットワークからレベルの高いネットワークへのデータ転送のみを許可することで安全性を保つ「アクセス包囲網」、および企業内ネットワークから外部に流れる通信データを監視、記録し、問題発生時に原因分析などを行う「PHCS」を提供する。最小構成時の価格は1270万5000円。

(Security NEXT - 2010/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード