Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マンガでネットのしくみを学べる小冊子を中高校へ配布 - JPRS

日本レジストリサービス(JPRS)は、情報通信月間にあわせ、教育支援活動の一環として全国の中高校を対象にインターネットのしくみを学べる教材の配布を実施する。

配布する教材は、インターネットのしくみを学ぶことができるマンガ小冊子「ポン太のネットの大冒険」。ウェブサイトへ接続する際のしくみやドメインに関する説明をわかりやくすく解説した。

教材の配布申し込みは、専用ページにて5月25日から6月30日まで申し込みを受け付ける。

(Security NEXT - 2010/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
政府、サイバーセキュリティ協議会の第4期構成員を募集
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
物件資料データ送信時に顧客情報を誤送信 - 近鉄不動産