Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校教諭が成績情報含むUSBメモリを紛失 - 訪問した別の中学校内で盗難

大阪市立城東中学校の教諭が、部活動で訪れていた中学校で鞄の盗難に遭い、学生の氏名や成績データが保存されたUSBメモリを紛失したことがわかった。

所在不明となっているUSBメモリには、同校1年生163人の氏名と中間テストの点数などが保存されていた。5月22日、部活動により訪れていた別の市立中学校の廊下に鞄を置いていたところ、11時から12時30分の間に何者かに持ち去られた。

同教諭は自宅で成績の処理を行うため、被害当日にデータを無断で学校から持ち出していたという。セキュリティ対策は実施していなかった。同校では今回の事件を受け説明会を開催、生徒や保護者に対して謝罪など対応を進めている。

(Security NEXT - 2010/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含むUSBメモリを紛失、拾得者の連絡で判明 - 昭和大病院
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回