Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講座申込者の個人情報を誤って昨年の運営企業へ誤送信 - 日本特許情報機構

日本特許情報機構は、特許流通講座の受講申込者46人の個人情報を、関係ない事業者へ誤ってメール送信していたことを明らかにした。

誤送信したのは、同機構が独立法人工業所有情報・研修館から運営を受託している特許流通促進事業のサイト上で募集した「2010年度特許流通講座」の申込者46人分の個人情報。氏名、住所、電話番号、メールアドレス、勤務先または大学名、アンケートの回答などが含まれる。

講座運営企業へ送信すべきものを、誤って昨年度の運営企業へ送信したという。誤送信された情報は、すでに削除済みであると同機構では説明している。

(Security NEXT - 2010/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省