Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10年分の患者情報を保存したUSBメモリが所在不明 - 新葛飾病院

新葛飾病院は、約10年分の患者の個人情報や手術に関する情報を保存したUSBメモリが、院内で所在不明になっていることを明らかにした。

所在がわからなくなっているのは、手術室で管理されていたUSBメモリで、2000年11月から2010年3月までの手術台帳が保存されていた。台帳には患者のカタカナ表記の氏名や性別、生年月日のほか、手術年月日、手術時間、病名、術式などが含まれていた。

3月中旬に紛失が判明し、院内での捜索を続けていたが発見できなかった。職員からの聞き取り調査の結果、不要物とともに誤って廃棄した可能性が高く、外部に流出したおそれは低いと説明している。

(Security NEXT - 2010/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院