Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信先リストの作成ミスで医師会員の氏名を流出 - メディカル・プリンシプル

医療関係者へ職業の紹介を行っているメディカル・プリンシプルは、メールの送信ミスにより、一部会員の氏名が流出したことを明らかにした。

3月2日夕方に青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県在住の医師292人に送信したアンケートメールで誤送信が発生したもの。

会員データベースから氏名やメールアドレスを抽出してリストを作成したが、作業にミスがあったため、メールアドレスと氏名が一致しない状態となり、他人宛のメールが届いたという。

同社では事故発生後、会員へ報告と謝罪を行うとともに、誤送信メールの削除を依頼するなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2010/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府