Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバの全ファイルをチェックする改ざん対策サービス「Gumblar Watch」が登場

リンク、エーティーワークス、インフォリスクマネージの3社は、共同でウェブサイトの改ざんチェックサービス「Gumblar Watch」を提供開始する。

同サービスは、ウェブサイトの改ざん被害について調査する「Gumblar改竄被害調査」や、調査後にチェックし、メールで状況を知らせる「改竄チェッカー」を提供するもの。オプションでHTMLの差分調査にも対応する。

「Gumblar改竄被害調査」では、FTPサーバのアクセスログやHTMLファイルのスクリプトタグを調査し、診断結果や対策を提供。一方「改竄チェッカー」では、調査後のサーバについて調査対象のサーバに改竄監視プログラムを設置、継続的にチェックし、追加や更新、削除されたファイルを検出しメールで通知する。

価格は、同一ドメイン、300ページ以内で52万5000円から。「改竄チェッカー」は無償で提供し、4月より有償版を7350円/月で提供する予定。

(Security NEXT - 2010/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース