Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

子会社でメール誤送信が発生、取引先担当者のアドレス流出 - パナソニック関連会社

パナソニックエレクトロニックデバイスは、子会社の従業員がメール送信時に操作を誤り、取引先担当者34人分のアドレスが流出したと発表した。

従業員が業務でメールを送信した際に設定ミスが発生したもの。取引先30社の担当者へ送付する際に宛先の記載を誤り、34人分の氏名、会社名、メールアドレスが表示された状態で送られた。

同社では判明後、関係者に対し事故の報告と謝罪を行い、関係官庁への報告も行った。不正利用などは確認されていない。

(Security NEXT - 2010/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メガネブランド「Zoff」のインターメスティックがランサム被害
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
メール誤送信で会員のメアド流出 - 子ども向けプログラミング教室
クイズ応募者情報を誤表示、負荷分散サービスの設定ミスで - 岡山放送
ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
自動返信メールで設定ミス、問合メールが全登録者に - トヨクモ