Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アルフレッサ、顧客情報1万726人分含むUSBメモリを鞄ごと紛失 - 鞄のみ回収

医薬品や医療機器の卸売販売を展開するアルフレッサは、顧客情報1万726件が保存されたUSBメモリを、従業員が帰宅途中に紛失したことを明らかにした。

紛失したUSBメモリは、取引先である8つの健康保険組合を通じて商品を購入した顧客情報が保存されていた。氏名、住所、電話番号、会社名、部署名、商品購入情報など1万726人分が含まれる。

2月5日、従業員が帰宅途中に鞄ごと紛失したもので、その後鞄は警察に届けられたものの、USBメモリは回収されていない。12日時点で情報の不正利用などは確認されていないという。

同社では、関係する健康保険組合および顧客に対し説明と謝罪を行うなど、対応を進めている。

(Security NEXT - 2010/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
学生情報含むUSBメモリを紛失、ファイルにはパスワード - 名大
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
個人情報の持ち出しで職員を懲戒処分 - 糸魚川市