Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約20万件の個人情報含むPCが従業員帰宅途中に盗難 - インプレスHD

インプレスホールディングスは、取引先関係者やオンラインショップ利用者などの個人情報を保存した業務用パソコンが盗まれたと発表した。

同社によれば、1月29日に従業員が帰宅途中、盗難被害に遭ったもので、パソコンの内部にはシステム開発時のデータや過去の受注情報などが含まれていた。

具体的には、同社やグループ会社、受託業務における委託元の取引先に関する情報、同社従業員情報など22万6317件の業務情報が含まれる。そのうち19万7907件は個人情報で、12万6110件は取引先であるメディア制作の関係者や取材協力者、オンラインショップの利用者などだという。

紛失した個人情報は、おもに氏名、住所、電話番号、会社名や部署名といった連絡先だが、一部には金融機関の口座情報が含まれる。またオンラインショップ利用者については、ユーザIDや購入商品、請求額など記録されていた。

同社ではパソコンへIDやパスワードを設定しており、2月11日の時点で不正利用などの報告も受けていないと説明している。同社は関係者に対し、不審な連絡など受けた場合、同社まで連絡してほしいと注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
個人情報3646件含む教育助成金関連書類が所在不明 - 東京都
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府