Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチ13件を公開し適用優先度も公表 - カーネルやSMBの脆弱性を解消

マイクロソフトは、2月5日に予告していた月例セキュリティ更新プログラム13件を10日に公開した。

深刻度による内訳は、「緊急」が5件、「重要」が7件、「警告」が1件で、「Windows 2000」や「同XP」向けのプログラムが中心。「Office」やサーバ向けプログラムなどもあるため、利用者の利用環境によって適用すべきパッチの件数は変化する。

深刻度が「緊急」とされる更新プログラムは5件。「SMBクライアント」の脆弱性を解消する「MS10-006」では、不正なパケットを受信した際にコードが実行される問題を解消した。

一方「MS10-007」では、「Windows Shellハンドラー」の脆弱性へ対応。URIを解析する「ShellExecute」のAPIに問題があったもので、不正なURIを処理するとコードが実行されるおそれがあった。ブラウザやメーラーなど、同APIを利用している他社プログラムにも影響がある。

(Security NEXT - 2010/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正