Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、ホスティング事業者へ改ざん検知サービスをOEM供給

セキュアブレインは、ホスティングやレンタルサーバ、マネージメントサービスの提供事業者を対象に、ウェブサイトの改ざんチェックサービスのOEM供給を本格化する。

不正サイトのチェックが行えるSaaS型サービス「gredセキュリティサービスウェブ改ざんチェック」を、サービスプロバイダ向けに「特別プラン」として提供するもの。同サービスを導入したサービスプロバイダのエンドユーザーは、改ざんのチェックやレポートの参照が行える。

同社では、大手プロバイダに対して同サービスの提供を発表しているが、今回の「特別プラン」の導入により、サービス画面やアラートメールのカスタマイズなどへ対応、プロバイダの個別の要望へ対応していく。導入費用は個別見積もり。

(Security NEXT - 2010/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化