Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

端末をフルタイムで監視してパッチの適用状態など管理できるSaaS型サービス - 日立システム

日立システムアンドサービスは、クライアントPCのセキュリティ対策を実現するSaaS型サービス「EdgeScreen」を提供開始した。

同サービスは、同社監視センターからクライアントPCのセキュリティ対策状況をフルタイムで監視するセキュリティソリューション。脆弱な端末に対してセキュリティパッチの適用、ウイルス定義ファイル更新など遠隔から実施し、統計レポートを提供する。またUSBメモリやCD-ROMをはじめとするデバイスのコントロールや電源の設定変更に対応している。

同製品の提供にあたっては三菱商事のエンドポイント統合管理システム「BigFix」を活用しているという。月額利用料は420円/クライアント。

(Security NEXT - 2010/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供