Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラベルを利用するデータ管理ソフトがDLP製品などと連携 - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、データに重要度を示すラベルを付加し、データを管理できるソフトウェア「SecureCube/Labeling」が他社製品との連携を実現したと発表した。

DLPソリューションやメールソリューションと連携し、付加したデータにより外部への情報漏洩や送信メールのフィルタリングなどを実現したもの。同社では、同製品を発表した2009年10月に、他社製品と連携していく方針を示していた。

対応DLP製品は、「Symantec Data Loss Prevention(シマンテック)」、「Websense Data Security Suite(ウェブセンス)」、「Trend Micro LeakProof(トレンドマイクロ)」「Fidelis Security Systemsアプライアンス(日本IBM)」、「McAfee Host Data Loss Prevention(マカフィー)」の5製品。

一方フィルタリング製品は、「HDE Mail Filter(HDE)」「GUARDIANWALL(キヤノンITソリューションズ)」「WEBGUARDIAN(キヤノンITソリューションズ)」「PlayBackMail(CSK Winテクノロジ」)4製品。

(Security NEXT - 2010/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
トレンド、実務者や経営層向けにセキュ教育サービス
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
パーソナルデータを扱う企業向けにコンサルサービス - NRIセキュア
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT