Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラベルを利用するデータ管理ソフトがDLP製品などと連携 - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、データに重要度を示すラベルを付加し、データを管理できるソフトウェア「SecureCube/Labeling」が他社製品との連携を実現したと発表した。

DLPソリューションやメールソリューションと連携し、付加したデータにより外部への情報漏洩や送信メールのフィルタリングなどを実現したもの。同社では、同製品を発表した2009年10月に、他社製品と連携していく方針を示していた。

対応DLP製品は、「Symantec Data Loss Prevention(シマンテック)」、「Websense Data Security Suite(ウェブセンス)」、「Trend Micro LeakProof(トレンドマイクロ)」「Fidelis Security Systemsアプライアンス(日本IBM)」、「McAfee Host Data Loss Prevention(マカフィー)」の5製品。

一方フィルタリング製品は、「HDE Mail Filter(HDE)」「GUARDIANWALL(キヤノンITソリューションズ)」「WEBGUARDIAN(キヤノンITソリューションズ)」「PlayBackMail(CSK Winテクノロジ」)4製品。

(Security NEXT - 2010/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
NEC子会社、法執行機関向け機密情報管理ソフトの開発会社を買収
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
キャッシュレス決済のセキュリティ評価サービス - KPMGコンサル
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ