Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラベルを利用するデータ管理ソフトがDLP製品などと連携 - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、データに重要度を示すラベルを付加し、データを管理できるソフトウェア「SecureCube/Labeling」が他社製品との連携を実現したと発表した。

DLPソリューションやメールソリューションと連携し、付加したデータにより外部への情報漏洩や送信メールのフィルタリングなどを実現したもの。同社では、同製品を発表した2009年10月に、他社製品と連携していく方針を示していた。

対応DLP製品は、「Symantec Data Loss Prevention(シマンテック)」、「Websense Data Security Suite(ウェブセンス)」、「Trend Micro LeakProof(トレンドマイクロ)」「Fidelis Security Systemsアプライアンス(日本IBM)」、「McAfee Host Data Loss Prevention(マカフィー)」の5製品。

一方フィルタリング製品は、「HDE Mail Filter(HDE)」「GUARDIANWALL(キヤノンITソリューションズ)」「WEBGUARDIAN(キヤノンITソリューションズ)」「PlayBackMail(CSK Winテクノロジ」)4製品。

(Security NEXT - 2010/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも