Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IIS」拡張子処理の脆弱性、「同6.0」へ影響 - デフォルトでは影響受けず

複数のセキュリティベンダーが、2009年末にマイクロソフトの「IIS」において、ファイル拡張子処理の脆弱性について指摘した問題で、同社では脆弱性の特定をほぼ終えているという。

問題となっているのは、IISサーバにおいて拡張子の処理に問題があり、本来実行ファイルではないファイルが実行されるおそれがあるもので、複数のセキュリティベンダーが指摘している。

マイクロソフトのセキュリティレスポンスマネージャの小野寺匠氏によると、脆弱性についてほぼ調査が終わっており、影響を受けるのは「同6.0」のみであることが判明しているという。

脆弱性の影響を受けるには、IISのセキュリティ設定を脆弱になるよう変更する必要があり、デフォルトの設定であれば影響を受けないと説明。対処については、今後アナウンスが行われる見込み。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2010/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開