Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「偽」目立った1年 - 見えない「バリア」に守られた1年

こうした「偽」が流行する背景には、騙されるユーザーが存在し、犯罪者にとってより効率よく収益を得られる事情がある。セキュリティ対策技術の進歩により、攻撃のハードルが高くなる一方、原始的ともいえるソーシャルエンジニアリング攻撃こそ、ブラックマーケットの市場規模拡大を支えていると分析するセキュリティ研究者もいる。

「偽」の大流行のなかでひとつ「救い」がある。それは日本語ベースの攻撃が少なく、「言語」がバリアになってくれたことだ。ソーシャルエンジニアリング攻撃は言語への依存度が高く、大きな壁となってくれたわけだ。

一部では「ガラパゴス化」などとも呼ばれている。「偽セキュリティ対策ソフト」について、複数のセキュリティベンダー担当者に話を聞いてみたが、今年に入って日本語化された新種を捕捉したと回答したのはわずか1社だけだった。

OSやアプリケーションの脆弱性が悪用され、不正サイトを閲覧しただけで感染してしまったり、「Free」といったキーワードにつられ、海外サイト経由で偽セキュリティ対策ソフトをインストールしてしまうケースも確認されており、「バリア」というには心許ないかもしれない。しかし、コンシューマーユーザーを危険から遠ざける大きな要因だったことはまちがいない。

(Security NEXT - 2009/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響