Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ「InterScan Messaging Security Suite」にBINDの脆弱性

トレンドマイクロは、同社製品「InterScan Messaging Security Suite」が、BINDの脆弱性が影響を受けるとして修正プログラムを公開した。

BINDの脆弱性は2009年7月に公表されており、外部より細工が施されたダイナミックアップデートパケットを受信した場合にサービス拒否が発生する可能性がある。すでに攻撃コードも公開されている。

影響を受けるのは、「InterScan Messaging Security Suite 7.1」のLinux版と「同7.0」のWindows版、Linux版、Solaris版。同社では16日よりアップデートの提供を開始している。

また、BIND 9.6以降はWindows 2000をサポートしていないため、同社ではBINDモジュールを更新したリパック版を用意している。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2009/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認
「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome 89.0.4389.114」がリリース - 8件のセキュリティ修正
「baserCMS」にOSコマンドインジェクションなど3件の脆弱性
データベース「MariaDB」に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ