Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」の「DNSSEC」機能に脆弱性 - パッチ適用で解消

「BIND 9」において「DNSSEC」の機能を利用した際に脆弱性が含まれていることがわかった。

再帰的なクライアントクエリを処理する際に脆弱性が含まれており、DNSキャッシュポイズニンングの攻撃を受ける可能性があるという。

脆弱性を解消するパッチ「同9.4.3-P4」「同9.5.2-P1」「同9.6.1-P2」が提供されており、適用することにより不具合を解消することができる。

(Security NEXT - 2009/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
「BIND 9」に5件の脆弱性 - 一部脆弱性は公開済み
宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
米政府、連邦機関に「Windows Server」脆弱性対策を緊急指令
「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを