Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」の「DNSSEC」機能に脆弱性 - パッチ適用で解消

「BIND 9」において「DNSSEC」の機能を利用した際に脆弱性が含まれていることがわかった。

再帰的なクライアントクエリを処理する際に脆弱性が含まれており、DNSキャッシュポイズニンングの攻撃を受ける可能性があるという。

脆弱性を解消するパッチ「同9.4.3-P4」「同9.5.2-P1」「同9.6.1-P2」が提供されており、適用することにより不具合を解消することができる。

(Security NEXT - 2009/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
12月のDDoS攻撃、前月比29件増 - IIJ調査
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
11月のDDoS攻撃、件数減少の一方で大規模攻撃も - IIJ調査
米連邦政府機関に「SolarWinds Orion」製品の遮断命令
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害