Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクルとUBIC、「e-Discovery」分野で協業

日本オラクルとUBICは、「e-Discovery」分野で協業し、企業の国際訴訟を支援すると発表した。

両社は今回の協業を通じ、日本オラクルの企業内の文書管理システム「Oracle Enterprise Contents Management」と、UBICの電子証拠開示支援システム「LitiView」の連携を実現。国際訴訟における「e-Discovery」向けのソリューションを展開する。

さらにUBICでは、「e-Discovery」に関するコンサルティングサービスやシステムインテグレーションサービスを提供する。

(Security NEXT - 2009/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
初動から復旧支援までインシデント対応を支援 - テクマトリックス
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール
ゼロトラスト実現に向けたロードマップ作成サービス - SBT
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
危機対応を分野横断的に支援するサービス - デロイトトーマツ
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載