Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先から顧客情報823件がファイル共有ソフト経由で流出 - NTT西

NTT西日本は、委託先元従業員の私用パソコンから、顧客情報823件含む業務関連ファイルがファイル共有ソフトのネットワーク上に流出したと発表した。

流出が判明したのは、京都市や宇治市など8市町の顧客情報823件が含まれる業務関連情報。内訳は個人顧客は448件、法人顧客は375件で、顧客名、住所、電話番号など含まれる。

光ケーブル敷設に伴う建物の事前調査業務を委託していたNTT西日本-みやこ(当時NTT ネオメイトみやこ)の元従業員が個人で所有するパソコンへウイルスに感染。内部のデータがファイル共有ソフトを介してネット上に流出したという。情報の不正利用などは確認されていない。

同社では、対象となる顧客に対し謝罪の文書を送付するなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2009/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国勢調査の関連資料を調査員が紛失 - 平塚市
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
「ドコモ口座」の被害申告、あらたに16件49万円