Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ミスで291件の顧客情報が流出 - KDDI

KDDIは、顧客へイベントの案内メールを送信した際にミスがあり、291件の顧客情報が流出したと発表した。

11月17日20時ごろ、関西方面の同社イベントへ参加を希望していた企業顧客の担当者307人に、開催予定のイベントに関する案内メールを送信したが、ミスにより氏名やメールアドレス、会社名など291人分の情報が漏洩した。

同社では翌18日の昼過ぎに謝罪のメールを送信し、誤送信した削除を依頼した。また19日夕方ごろより対象となる顧客へ電話で個別に説明を行っているが、誤送信したメールアドレスなどが不正利用されたといった報告を受けていないという。

(Security NEXT - 2009/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県
個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
宛先リストに誤り、還元ギフトを異なる顧客に送信 - Looop
薬機法の「よくある相談」ファイルに相談者の個人情報 - 大阪府
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県