Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Impervaの最新DB保護ソリューションを発売 - 東京エレクトロンデバイス

東京エレクトロンデバイスは、ウェブやデータベースの保護を実現する米Impervaのセキュリティアプライアンス「SecureSphere」の最新版を12月1日より発売する。

同シリーズは、ウェブやデータベースを保護するセキュリティアプライアンス群。今回発売するのは、従来より販売している「SecureSphere」を一新した最新版。

特権データベースユーザーの行動を監視や制御を行う「SecureSphere DBF」や、データベースの脆弱性や機密データのリスク分析を行う「SecureSphere DAS」のほか、ウェブファイアウォール「SecureSphere WAF」、複数種類のデータベースサーバを一元管理し、レポートの提供やレスポンスなど監査できる「SecureSphere DAM」を提供する。

管理製品を除くSecureSphereシリーズの全製品を提供するセキュリティスイート「SecureSphere DSS」を用意。またSecureSphereシリーズを管理する専用アプライアンス「SecureSphere MX管理サーバー」も用意されている。

(Security NEXT - 2009/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス