Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブルーコート、クラウドとの連携も実現したセキュリティゲートウェイ製品をリリース

ブルーコートシステムズは、アプライアンス製品の新機種「Blue Coat ProxySG 9000」「Blue Coat ProxyAV 1400「同2400」やクラウドサービス「Blue Coat WebPulse」、および包括ソリューション「Blue Coat Secure Web Gateway」を発表した。

「ProxySG」は、キャッシュ機能などを提供するプロクシサーバ。「同9000」では、スループットを向上させ、同社の従来製品に比べ約5倍のパフォーマンスを実現しており、6万人規模まで対応することが可能。

さらに同製品と連携する「ProxyAV 1400「同2400」は、ウェブサイトの閲覧時にウイルスやトロイの木馬の侵入を防止するアプライアンス。いずれも最新OSである「Secure Gateway Operating System version 5.5」を搭載しており、圧縮ファイルのスキャン能力を向上させた。

くわえて「ProxyAV」は今回発表したクラウド型サービス「Blue Coat WebPulse」と連携が可能。同サービスでは、スクリプトの分析やサンドボックスが用意されており、URLリクエストをリアルタイムに分析でき、脅威に関する情報は他ユーザーと共有することができる。

また両アプライアンスを含むウェブゲートウェイソリューション「Blue Coat Secure Web Gateway」では、ネットワークのセキュリティポリシーやライセンスの集中管理を実現した。

同ソリューションが提供する「ProxyClientソフトウェア」では、あらたにIDベースのフィルタリング機能を搭載しており、リモートユーザーを対象としたポリシーの設定、管理、レポートが可能となった。

(Security NEXT - 2009/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
ダークウェブを対象とした組織機密情報の流出調査サービス
「WarpDrive」が再始動 - 「タチコマSA」がChrome拡張機能に
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
RPAなど活用したウェブアプリの定額診断サービス - ラック
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
セキュリティ技術者を育成する学習プラットフォームを提供 - CDI