Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スキャン時間短縮やFW強化など盛り込んだ法人向け「AVG Anti-Virus」

コージェンメディアと蘭AVG Technologiesは、企業向けセキュリティ対策ソフトの最新版を提供開始した。

今回公開したのは、小規模企業が無償で利用できる「AVG Anti-Virus Free : Small Business Edition 9.0」と、有償版の「AVG Anti-Virus Business Edition 9.0」「AVG Internet Security Business Edition 9.0」の3製品。最新版では、スキャン時間の短縮やメモリの使用量を抑えた。またリンク先の安全性を確認できる「リンクスキャナ」を装備。

上位版にあたる「Business Edition 9.0」では、従来のパターンファイルによるウイルス検知にくわえ、クラウドやホワイトリスト技術を活用したほか、行動を監視することにより未知のウイルスへ対応する。

さらにファイアウォールの見直しを実施し、アプリケーションのデータベースを更新することで、確認ダイアログの表示頻度を抑えた。また行動を監視することにより不正な通信を検出することが可能となっている。

そのほか、起動しない場合にも復旧が行えるレスキューCDを提供するほか、インストール時に競合製品の削除を行う機能を追加した。

(Security NEXT - 2009/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
新社会人向けセキュリティ研修動画を公開 - CSIRTトレーニングセンター
OSINTツールを期間限定で無償提供 - マキナレコード
研修向けにセキュリティ演劇 - 映像配信や訪問研修も
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化