Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティゲートウェイ「ACCESSGUARDIAN」に脆弱性 - 修正プログラムが公開

キヤノンITソリューションズが販売するウェブセキュリティゲートウェイ「ACCESSGUARDIAN」において、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が見つかった。

脆弱性が明らかになったのは、「同Version 3.0.14」や「同Version 3.5.6」を含む以前のバージョン。認証処理にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれており、攻撃を受けた場合、利用者のブラウザ上でスクリプトが実行されるおそれがある。

同社では脆弱性を解消した修正プログラム「同Version 3.0.16」「同Version 3.5.9」を公開。アップデートを呼びかけており、専用モジュールなど導入している利用者にはサポートへ相談するようアナウンスしている。

脆弱性情報を掲載しているJVNによれば、同脆弱性はグローバルセキュリティエキスパートの柏崎央士氏が情報処理推進機構(IPA)が報告、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行ったという。

キヤノンITソリューションズ
http://canon-its.jp/

(Security NEXT - 2009/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
楽天モバイルのフェムトセルに複数の脆弱性
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で