Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利用者の個人情報含むUSBメモリがひったくり被害に - 東京の医療センター

東京都大田区にある北療育医療センター城南分園の職員がひったくりに遭い、利用者25人分の個人情報が保存されたUSBメモリが盗まれた。

都の福祉保健局によれば、被害に遭ったのは個人所有のメモリで、利用者25人分の個人情報が保存されていた。そのうち18人に関しては性か名のいずれかのみで、6人は氏名のみ、1人は氏名、生年月日、年齢が含まれるという。

10月14日19時38分ごろ、職員が帰宅途中、自転車の前かごに入れていた鞄ごとひったくられたもので、警察へ被害届を提出している。

同センターでは、関係者への説明と謝罪を実施。職員を対象に私物USBメモリの持ち込みや業務用メモリの持ち出しについて調査を実施し、適切使用について周知徹底を行っている。

(Security NEXT - 2009/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院