Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で区民モニターのアドレスを流出 - 大阪市旭区

大阪市旭区においてメール送信ミスが発生し、登録区民モニター94人のメールアドレスが流出したことがわかった。

誤送信が発生したのは、第1回旭区区民モニター報告書。10月9日21時18分に送信した際、担当者の人為ミスにより、区民モニターに登録している94人分のメールアドレスが表示された状態で送られた。

受信者からの指摘により判明。同区では13日に、対象となるモニターに謝罪のメールを送り、誤送信メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2009/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でマラソン参加者のメアド流出 - 産経新聞
特別支援学校のボランティア宛メールで誤送信 - 埼玉県
説明会案内メールを誤送信、参加者のメアド流出 - 国交省
イベント案内メールで誤送信、メアド流出 - 福知山大北近畿機構
案内メールを「CC」送信でメアド流出 - 朝日新聞
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
イベント中止連絡のメールを「宛先」「CC」で送信 - 佐用町
大阪府立支援学校でメール誤送信 - 約1カ月後の指摘で問題把握
大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出
顧客宛のメールで4回にわたり「CC」送信 - バイク王