Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト経由で受信した投稿メールにおける個人情報の取り扱いで謝罪 - きらやか銀行

きらやか銀行は、同行サイト経由で受信したメールに記載された個人情報の取り扱いに問題があったとして謝罪した。

問題となったのは、同行融資先を批判する内容を含んだ投稿メール。受信した同行では、融資先を訪問してメールの内容について事実確認を行ったが、相手の求めに応じてメールを印刷したものを提示。その際、送信者の個人情報が含まれたままの状態だったという。

10月6日に個人情報の流出が判明。同行では監督官庁に報告し、関係者へ謝罪している。

(Security NEXT - 2009/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員向けメッセージに送信先リストを誤添付 - 医師向け会員サイト
ほくせんカードの会員サイトにSQLi攻撃 - 顧客情報4.4万件が流出の可能性
ファッションブランド「MACHATT」の通販サイトに不正アクセス
学生の個人情報含む可能性があるUSBメモリを紛失 - 東京都立大
実証事業でメール送信ミス、参加会員のメアド流出 - 野村不動産
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
事務局務める連絡会でメールを誤送信 - 消費者庁
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都