Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SQLインジェクション攻撃による改ざんが発生 - タイ政府サイトも被害

トロイの木馬に起因したSQLインジェクション攻撃が発生している。トレンドマイクロが観測したもので、正規サイトの改ざん被害が広がっているという。

活動が確認されたのは、トロイの木馬「TROJ_ASPROX」。「Microsoft Active Server Pages」により構築されたウェブアプリケーションの脆弱性を目標としており、IFRAMEタグを埋め込むことで不正サイトへ誘導しようとするという。

すでに海外では、タイ警察をはじめとするタイ政府関係の複数サイトにおける改ざんなど被害が拡大。こここ数カ月で増加傾向にある「偽セキュリティソフト」の押し売りに悪用されている。

問題のサイトへアクセスすると「TROJ_DLOADER.DNG」がダウンロードされ、さらに実際は不正プログラムである偽セキュリティ対策ソフト「Antivirus Pro 2010」のほか、多重感染が発生するおそれがある。また個人情報の詐取やキー入力の盗聴といった被害を受ける可能性も含まれる。

(Security NEXT - 2009/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す