Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サモア地震に便乗する攻撃が早くも発生 - 複数ベンダーが注意喚起

日本時間30日に南太平洋のサモア諸島近辺で発生した地震の話題へ便乗する攻撃が確認された。

従来より災害や芸能、時節のイベントなど注目集める話題やキーワードに便乗して、スパムや検索エンジン経由で不正サイトへ誘導するケースが後を絶たないが、早くもサモア地震が標的となっている。

検索エンジンにおいて「SAMOA EARTHQUAKE」「SAMOA TSUNAMI」など検索すると、結果上位に不正サイトが確認されており、F-Secureやセキュアブレインなど複数のセキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
鹿児島県、Instagramの偽アカウントに注意喚起 - 個人情報を詐取
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁