Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー事件発生時の緊急対応に特化した「サイバー救急センター」を新設 - ラック

ラックは、サイバー事件の原因調査や復旧、対策支援を行う専門部署「サイバー救急センター」を10月1日より開設した。

同センターは、不正侵入や情報漏洩などサイバー事件の被害に遭った企業や組織へ、初動対応から事業復旧までにワンストップで提供する部門。同社のサイバーリスク総合研究所や、セキュリティ監視センター「JSOC」と連携し、2010年には年間100件の緊急対応出動を想定した体制強化を目指している。

具体的なサービスとしては、事業継続のマネジメントから証拠保全、ログ解析、フォレンジックといった調査、ネットワークやサーバ、アプリケーションの応急処置、セキュリティ監視まで対応するほか、ネット上の風評被害や誹謗中傷に対する悩み相談なども受け付ける。

090930la.jpg
同センター組織図

(Security NEXT - 2009/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
ウェブアプリに対する「Apache Log4j」の無償診断を期間限定提供 - ラック
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
テレワーク体制向けセキュ診断サービス - ヒアリングで重点調査も実施