Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

説明会申込者へのメールを誤送信、アドレスが流出 - 中小機構

中小企業基盤整備機構において、メールの誤送信が発生し、12人分のメールアドレスが流出した。

9月15日18時ごろ、同機構近畿支部の職員が事業承継施策説明会の申込者へメール送信を行う際、誤って宛先にメールアドレスを記載して送信したため、12人分のアドレスが他受信者から確認できる状態になったという。

送信後ミスに気がついたため、同機構では同日中に関係者へメールで謝罪。削除を依頼している。

(Security NEXT - 2009/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
イベント案内メールを誤送信、メアドが流出 - 滋賀県
公開資料に個人情報、秘匿不十分で参照可能に - 三重大
教員がメール転送ミス、約10カ月にわたり無関係のアドレスへ - 埼大
ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
メール誤送信、移住相談関係者のメアド流出 - 南砺市
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害