Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

センドメール製品のログ管理を実現する「Logstorage for Sendmail」

インフォサイエンスとセンドメールは、センドメールのメール関連製品とインフォサイエンスの統合ログ管理システム「Logstorage」の連携を実現した「Logstorage for Sendmail」を10月1日より発売する。

同製品は、メール配送ログやメールボックスへのアクセス状況を収集し、検索やレポートの作成が可能で、内部統制などに活用できるログ管理ソフトウェア。

メール配送サーバ「Mailstream Switch/MTA」やメールストアサーバ「Mailcenter Store」、メールセキュリティ統合プラットフォーム「Mailstream Manager」、制御フィルタ「Mailstream Flow Control」のログ管理に対応している。

製品ラインナップには、「Logstorage」本体ライセンスを含む「アライアンス版」と、ライセンスを含まない「連携パック」の2種類を用意した。価格はそれぞれ36万7500円、10万5000円。

センドメール
http://www.sendmail.co.jp/

(Security NEXT - 2009/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
正規表現の処理に起因するサービス拒否脆弱性の自動修正技術