Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

統合監視ソフト「ZABBIX」の日本語対応を実現 - ミラクル・リナックス

ミラクル・リナックスは、オープンソースの統合監視ソフトウェア「ZABBIX 1.4.6」を日本語へ対応させるための修正パッチを開発したと発表した。

コミュニティ版の「ZABBIX 1.4.6」をベースに、同社が日本語へ対応した「ミラクル・リナックス版ZABBIX 1.4.6」を開発したもの。修正パッチはコミュニティ版へ還元し、反映されたという。今回の日本語対応により、従来は対応していなかった日本語のイベントログを監視できるようになった。

さらにミラクル・リナックスでは、「コミュニティ版ZABBIX 1.4.6以降」に対してサポートサービスを開始した。ZABBIXサーバ1台、監視対象20台までに対応する「ZABBIXサポート基本パック」が31万5000円/年。

(Security NEXT - 2009/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス