Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

統合監視ソフト「ZABBIX」の日本語対応を実現 - ミラクル・リナックス

ミラクル・リナックスは、オープンソースの統合監視ソフトウェア「ZABBIX 1.4.6」を日本語へ対応させるための修正パッチを開発したと発表した。

コミュニティ版の「ZABBIX 1.4.6」をベースに、同社が日本語へ対応した「ミラクル・リナックス版ZABBIX 1.4.6」を開発したもの。修正パッチはコミュニティ版へ還元し、反映されたという。今回の日本語対応により、従来は対応していなかった日本語のイベントログを監視できるようになった。

さらにミラクル・リナックスでは、「コミュニティ版ZABBIX 1.4.6以降」に対してサポートサービスを開始した。ZABBIXサーバ1台、監視対象20台までに対応する「ZABBIXサポート基本パック」が31万5000円/年。

(Security NEXT - 2009/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能