Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

固定資産価格の弁明書を別の住民へ誤送付 - 大阪市

大阪市固定資産評価審査委員会において、納税者へ送付している固定資産価格の根拠を説明する弁明書を誤送付する事故が発生した。

固定資産評価を不服として審査を申し出た納税者に対し、同市財政局税務部が作成して同委員会が送付している弁明書を、7月23日に関係ない別の納税者へ送付したもの。受け取った住民から7月30日にの指摘があり、送付ミスが判明した。

弁明書には、納税者の氏名や固定資産の所在地、面積、価格など記載されていた。同市では、誤送付先を訪問し、書類を回収。本来届けるはずだった住民を訪問し、事情を説明して謝罪。文書を交付した。

同市では書類の送付にあたり、2人で内容をチェックして送付していたものの、封入時のチェックが不十分だったことから事故が発生したとして、今後は別の職員が封入した内容を確認するなど、対策を講じるという。

(Security NEXT - 2009/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市