Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含むPHSや名刺などが駅構内で盗難に - 日本オフィス・システム

情報サービス事業やシステム販売を展開する日本オフィス・システムは、従業員が駅構内で置き引きに遭い、顧客情報含むPHSや名刺などが鞄ごと盗まれたと発表した。

6月19日に同社従業員が、移動の際に駅で鞄を置き引きされたもので、ノートパソコンやPHS、名刺入れなど何者かに持ち去られた。

盗まれたPHSには顧客の氏名、電話番号、メールアドレスのほか、同社従業員の氏名とPHS電話番号などが登録されていた。また名刺入れには顧客の名刺が複数入っており、顧客情報81件、従業員の個人情報50件が含まれる。

同社によれば、PHSはダイアルロックが設定してあり、外部より閲覧することはできないという。またノートパソコンには個人情報は含まれていなかった。

同社では今回の事件を受け、対象となる顧客への説明と謝罪を進めているが、紛失した情報の不正利用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2009/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス