Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家具売り場から商品などとともに個人情報入りPCが盗難 - 天満屋

天満屋広島八丁堀店において、顧客の個人情報が保存された業務用ノートパソコンの所在がわからなくなっている。

6月10日15時ごろ、家具売り場において商品や備品11点とともにPCが持ち去られていることが判明したもの。被害に遭ったPCには、2007年12月から2009年5月までに家具売場や8階催事場、店外の催しなどで商品を購入した顧客233人分の氏名、住所、電話番号、購入情報など個人情報が保存されていた。

同社では13日に被害届を提出。警察が窃盗事件とみて捜査を進めている。また対象となる顧客に文書で説明を行った。紛失した情報の不正使用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2009/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大
患者情報含む書類が鞄ごと所在不明に、盗難か - 総合南東北病院
患者情報含むデジタルカメラが所在不明 - 兵庫県立がんセンター
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
患者情報が盗難被害に - 淀川キリスト教病院
小学校で図書館利用データ含むHDDが所在不明 - 大阪市
紛失した市営住宅の入居者名簿を回収 - 大村市
市営住宅の入居者名簿が所在不明 - 大村市